クリスティアーノ・ロナウド

クリスティアーノ・ロナウド

2023年1月18日閲覧。 YOMIURI ONLINE (2010年6月18日). 2011年4月20日閲覧。 Eurorivals. 2010年11月20日閲覧。日刊スポーツ (2022年11月29日). 2022年12月13日閲覧。日刊スポーツ (2011年2月3日). 2014年12月9日閲覧。日刊スポーツ (2019年10月15日). “Cロナウドがペレらに次ぐ700得点到達「誇りに」”. フットボールチャンネル (2019年9月11日). 2019年9月15日閲覧。 ”. フットボールチャンネル (2021年6月16日). 2021年6月16日閲覧。 フットボールチャンネル レアル マドリード 新 ユニフォーム 2024 (2017年6月22日). “Cロナ、2戦連続でMOMに選出。 Football ZONE WEB (2017年3月26日). “C・ サッカーキング. 2023年3月6日閲覧。 サッカーキング. 2020年5月28日閲覧。 2020年7月19日閲覧。 2016年7月13日閲覧。 2021年10月13日閲覧。 2019年10月16日閲覧。 SoccerMagazine ZONE WEB (2019年5月27日). “「メッシはC・

Football ZONE WEB (2016年7月8日). “衝撃の“エアー・ Football ZONE WEB (2017年9月1日). “C・ スポーツニッポン (2017年6月25日). “C・ 2017年6月26日閲覧。 AS (2017年9月15日). 2023年2月23日閲覧。超ワールドサッカー (2022年3月15日). “代表での世界記録樹立から半年、新たな世界記録樹立のC・ AFPBB News (2022年12月11日). 2022年12月13日閲覧。 2022年10月20日閲覧。 2016年10月12日閲覧。 2021年9月4日閲覧。 Matthew Holt (2023年9月16日). “REPORT: SHERIFF 0 UNITED 2”. Manchester United F.C..

Tottenham”. ESPN. 2023年1月20日閲覧。 2021年6月20日閲覧。 」”. 2017年3月27日閲覧。 VAVEL (2017年3月11日). 2021年3月11日閲覧。 2017年9月3日閲覧。 AFP News (2017年9月17日). 2021年5月17日閲覧。 2018年9月8日閲覧。 サッカーキング (2021年9月2日). “C・ サッカーキング (2016年7月7日). “C・ サッカーキング (2015年7月8日). “C・ 2021年7月12日閲覧。 2023年2月23日閲覧。 ”. MARCA (2023年1月8日). 2023年1月22日閲覧。 ”. National World. 2023年1月21日閲覧。 リーガ. 2021年8月15日閲覧。 “Atletico Madrid to move to new stadium” (2008年12月15日). 2009年3月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。 “大会得点王となれば前人未到の大記録 EUROで数々の歴史に名を刻むC・ロナウド”.

“大記録到達のC・ “ロナウド、最多タイ記録の代表196試合出場 カタールW杯”. ロナウド、代表復帰を喜ぶ「戻ってこられて幸せ」”. ロナウド、2年前のジダン監督説得が要因? 【W杯 伝説への挑戦】皮肉な栄誉とともに、C・ レアル マドリード 新 ユニフォーム 2023 【W杯 レアル マドリード 新 ユニフォーム 伝説への挑戦】本来の姿ではないC・ メッシが途切れれば5大リーグ単独記録に”. ユーロ通算得点記録を更新… ロナウドがW杯予選で衝撃ボレー弾 ハット達成で代表得点数ペレ超え、欧州歴代2位”. “欧州選手権一の「イケメン」はクリスティアーノ・ロナウド、女性ファン投票”. “Cロナウド、クラブ史上の最高得点選手”. “ロナウド、ポルトガルの歴代最優秀選手に選出される”.欧州選手権単独最多11点「お膳立てしたチームに感謝」”.